asahikawa_top

会員研究発表規定および演題投稿規定

発表規定ならび投稿規定、注意事項をご確認の上、演題登録をお願います。

 

会員研究発表規定

<目的>

 この規定は旭川放射線技師会会員研究発表会における会員の発表形式を定めることを目的とする。

<発表資格>

 省略

<形式>

1)発表時間は8分、質疑応答時間は2分とする。

2)スクリーンは1面とし、スライド枚数の制限はしない。

 ただし、発表時のPC操作は演者自身が行うこととする。

3)発表者は発表開始30分前までに受付を完了し、スライドを試写する。

4)発表者は発表開始15分前までに自演者席に待機する。

5)発表時間の延長については座長の判断により音声及びスライド映写を中断することがある。

 

会員研究発表演題 投稿規定

<目的>

 この規定は旭川放射線技師会会誌に対する投稿原稿の記載基準を定めることを目的とする。

<投稿資格・著作権>

 省略

<原稿>

1)原稿は和文または英文とし、本規定と投稿の手引き(会誌参照)に従うこと。

2)原稿は正1部、副1部(図表を含む)計2部を提出する。但し、副についてはコピーで良い。また、ファイルデータで提出の場合は、投稿の手引きに準じたデータ形式で提出すること。

3)原稿の長さは、原則として本文4,000字以内、図表20枚程度に定める。

4)原稿は、会誌編集委員会の採決決定に従うこと。

5)原稿締切日は演題発表当日より1ヶ月以内とし、厳守すること。

<校正>

 省略

<送付先>

送付先 旭川厚生 医療技術部 放射線技術科 山本昌弘

アドレス mshiroyamamoto@hotmail.co.jp

 

発表時の注意事項

原則、スライドデータを学術部のPCに集約し、発表者ツールの使用は不可とします。

プレゼン作成に使用するソフトはMicrosoft Power Point、スライドサイズは4:3。

発表者の責任において、動画やアニメーションも含め動作に関しての確認を行うこと。

 

以上

トップへ戻るボタン