cropped-dc1fcc6a5c7ddbdbe9a89a083715a314.png

会費免除規程の改定について

会費免除に関する規程(3条)および互助規程(11条)改定のお知らせ

平成24年度第3回理事会(H25.3.9)にて会費免除に関する規程および互助規程の一部について改定しましたのでお知らせします。

(改定理由)
①免除規程第3条改定の理由
新法人法より会費と寄付金の扱いが異なることから、会計上会費として処理を行う必要があるため改定した。このことより寄付の文言を納入とし金額も10万円と限定した。
②互助規程第11条改定の理由
会費免除規程3条の改定にともないあえて互助規程で第11条をもうける必要がないことから第11条を全文削除とする。

 
会費免除に関する規程
(現行)
第3条 満60歳を超え、会発展のため10万円以上の寄付を行った者は、永年会員の恩典を受け、以後会費は免除されるものとする。
(改定後)
第3条 満60歳を超え、10万円を本会に納入した者は、永年会員として登録し、以後会費は終身にわたって免除されるものとする。
附則6 この規程は平成25年3月9日に一部改定し同日より施行する。

 
互助規程
(現行)
第11条 満60歳を超え、本会に10万円以上の寄付を行った者は、本規程に基づきその恩典を受けるものとする。
(改定後)
第11条 全文削除
附則5 この規程は平成25年3月9日に一部改定し同日より施行する。

 
(改定後の会費免除に関する規程および互助規程の全文は各種申請書定款規程に掲載されていますのでご参照ください。)

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン