sapporo_top

第19回AKミーティングプログラムについてのお知らせ

第19回AKミーティングプログラム

日時 :平成29年8月23日(水曜日)午後6時30分より

会場 : JCHO 札幌北辰病院  講義室(2階)

住所 : 札幌市厚別区厚別中央2条6丁目2-1

 

一般演題        座長 JCHO札幌北辰病院 秋元 聰

 

演題名:当院における大腸CT 第2報

演者:新札幌豊和会病院 片山 智史

内容:昨年本会で当院における大腸CTの取り組みについて発表を行った。 そこから一年が経過し大腸癌術前症例やCF挿入困難症例における大腸CT法も確立してきた。 今回第二報として大腸癌術前症例、CF挿入困難症例への当院での大腸CTへの取り 組みについて発表を行う。

 

演題名:BI-RADSに基づいた乳腺MRIの読影について

演者:江別市立病院 馬場 聡美

内容:BI-RADSとは、乳がんのスクリーニングや診断で用いられるMMGやUS、MRIなどの読影所見と報告書の記載方法(用語)の標準化を目的としたものである。  今回その中でもMRIについて主要な点をまとめてみたので報告する

 

演題名:マンモグラフィでのCADにおける論文紹介

演者:JCHO札幌北辰病院 井上 園香

内容:マンモグラフィのスクリーニング検査におけるCADを併用した単独読影についての英語論文を紹介する。CADに期待される役割や英語論文の検索方法もまとめたので報告する。

 

座長 JCHO札幌北辰病院 川上 亮

特別講演

テーマ: 『高精細CT装置 Aquilion Precisionのご紹介』

演者名:東芝メディカルシステムズ株式会社 北海道支社 営業推進部 CT担当 井上 学

概要:高精細CT装置 Aquilion Precisionは、従来CT装置に比べ面内・体軸方向にそれぞれ2倍の空間分解能が得られるCT装置です。 この高精細画像を収集するために「X線検出器」「X線管装置」「撮影寝台」など、CT装置の核となるすべてのコンポーネントを刷新しました。当日は、これまで検出困難であった細かな生体情報を得ることができる世界唯一の高精細CT装置についてご紹介致します。

このページの先頭へもどるicPagetop

トップへ戻るボタン