sapporo_top

西手稲/中央北ブロック合同講演会のご案内

 新春の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、先般医療法施行規則の一部改正に伴いまして、令和2年4月より、エックス線装置等を備えている病院又は診療所の管理者は、診療用放射線の利用に係る安全な管理のための責任者を配置し、医療放射線安全管理責任者は診療用放射線の安全利用のための指針を策定することが必要になります。
 当会では「診療用放射線安全管理の動向と線量管理システム」と題しまして、富士フイルムメディカルの五十嵐昭人様にご講演いただくこととなりました。
その内容としまして、REM,DRL,JESRA,DICOM…などの詳細や線量管理システム(RDSR)導入における海外の現状、そして実際に導入されている施設の紹介、さらに今春より対応が必要な指針策定に関してのご講演をお願いしております。
 会員皆様のご出席をお待ち申し上げます。


中央北ブロック長 井上正住

『診療用放射線安全管理の動向と線量管理システム』

講師 五十嵐 昭人 先生
   富士フイルムメディカル株式会社
    ITソリューション事業部 開発部 商品企画グループ

日時 令和2年1月 23日(木曜日)19時~
会場 北海道放射線技師会研修センター3階
会員 無料、 非会員 500円
主催 一般社団法人 札幌放射線技師会 西手稲ブロック、中央北ブロック

 

このページの先頭へもどるicPagetop

トップへ戻るボタン