cropped-senkon-01.png

会長挨拶

 釧根地区放射線技師会会員の皆様、平素は当会の事業にご協力いただき誠にありがとうございます。4月に行われました定期総会におきまして引き続き会長としての役目を賜りました。これからの2年間、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 今年は平昌オリンピックやサッカーワールドカップなど大きな国際スポーツイベントが開催され、海外から日本人選手の動きを報道されることが例年より多いように感じる毎日です。同胞である日本人の活躍を喜ぶと同時に、今年は北海道のプロスポーツチームの好調ぶりに心躍っております。特に下馬評は決して評価が高くなかった北海道コンサドーレ札幌の快進撃には驚かされ、そして熱くなっている道民のなんと多いことでしょう。北海道は広大ゆえ、なかなかスタジアムで試合を観戦することができませんが、我が家のテレビも熱くなっています。是非ともシーズン終盤まで盛り上がれるよう全てのスポーツファンと一緒に応援できると楽しいと思います。

 さて、平成26年に一部改正が行われ平成274月に施行されました診療放射線技師法を受け、業務拡大に伴う統一講習会が開催されるようになって数年が経ち各地で講習が行われていますが、今年は916日と17日に市立釧路総合病院で開催されます。診療放射線技師の業務内容が拡大されたわけですが、この業務を行う絶対条件として安全を担保することが求められ、必要な知識や技能を習得する努力義務を果たさねばなりません。2年前に釧路市で行われた統一講習会は土日開催だったので土曜日に勤務の方が参加できない事態となりましたが、今回は日曜日と祝日の月曜に行われますので多くの方が参加可能になることと思います。全国的にもまだまだ受講率が高いとは言えず、是非釧路で開催されるこの機会に受講されるようお願いいたします。詳細は日本診療放射線技師会のホームページでご確認ください。

 前述した統一講習会の他にも、釧根地区放射線技師会では各種事業を展開してまいります。是非ともたくさんの会員の皆様に参加していただき、研鑽と交流の場を盛り上げていけるよう役員一同励んでいきます。更なる技師会の発展には皆様のご協力が欠かせませんので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

丹代正志

2018年4月

トップへ戻るボタン