cropped-hosya_top.png

技師会の役割

診療放射線技師と診療放射線技師会とは?

病院をはじめとする医療機関で放射線を扱う医療従事者を、診療放射線技師といい
ます。診療放射線技師は専門の教育を受け、国家試験に合格し、厚生労働大臣認可の
免許を取得しています。私たちは医療分野において、人体に対する放射線検査・治療
を行なうことができる唯一の専門の技術者です。
「社団法人北海道放射線技師会」は約2000人の診療放射線技師が加入しており、さら
に全国規模では約30000人の会員が「社団法人日本放射線技師会」を組織しています。
社団法人北海道放射線技師会は、道民の皆様が安心して質の高い検査・治療が受け
られるように努めています。
放射線検査について不安等がありましたら、遠慮なくご相談ください。

一般社団法人 北海道放射線技師会
札幌市中央区北3条西29丁目427-26

診療放射線技師の役割

(MRT,Radiographer)
ISRRT 1993年 9月
ISRRT(international Society of Radiographer and Radiological Technologist)

はじめに
以下はISRRTが全加盟国技師会と協議して
作成したものである。
1、診療放射線技師の(MRT)の役割をはっきり定め、明確にする。
2、医療チームの一員としての診療放射線技師が担っている責任を明確にする。
3、専門職教育プログラムの作成を促進する。

診療放射線技師とは(MRT)
Medical Radiation Technologists
Medical Radiological Technologists
Radiographers
Radiological Technologists
Imaging Technologists
Radiation therapists
Sonographers
Nuclear Medicine Technologists

その他、各国が認定している専門教育プログラムを修了した人を
指す。国によってそれぞれ異なった専門用語が用いられている。
以下では、ほうしゃせん技師の一般的な役割及び専門分野(放射線診断、
放射線治療、核医学、超音波、デジタルイメージング、MRI)
における役割の定義が詳細にのべられれている。

ここの放射線技師に求められる役割には、多くの矢要因がからんでいるのは
明白である。たとえば、技術的にどの段階まで達しているか、各国の特徴
や施設の規模はどのようなものか、医療
チームはどのような種類の誌後とを行っているのか、たの医療スタッフの
質はどうか、どの程度他の医療スタッフを使うことができるのか等である。
従って、どの程度の実践が可能かどうかは国内でも国家間でも違いはあることを
認識しなければならない。

《放射線技師の責任》

放射線技師は画像部門もしくは放射線治療部門における7つの重要分野を統合
する専門化である。この7つの分野とは、ペイシェントケア、技術の利用、線量
の最適化、臨床責任、組織化、品質保証、教育、訓練である。

《放射線診断部門における放射線技師の役割》

現代の診断部門では、画像作成モダリティーといえば通常、一般撮影
X線透視検査、デジタルイメージング、超音波、核医学、MRIを
含む。

《超音波部門での放射線技師の役割》

超音波は、非電離放射線を利用する専門分野である。他の画像様式に比べて
オペレーターに依存する部分が多いので、装置を操作する非との非常に高度な
理解と判断が要求される。超音波を扱う技師は、関連する解剖学や生理学、病理学、
及び装置に使用に関する物理学を完全に理解していなくてはならない。

《MRI/スペクトロスコピー(MRI及びMRS)における放射線技師の役割》

《核医学部門における放射線技師の役割》

《放射線治療部門ンにける放射線技師の役割》

放射線技師は、放射線治療医処方に従い、治療(照射)を準備し、チェックし、
実施する。放射線技師の責任には、照射部位の位置決め、照射記録、治療領域の
マーキング、及びモールド作成も含まれる。
さらに放射線技師は、患者やその家族に対する始動及びカウンセリングに
おいても重要な役割を果たす。

《組織における診療放射線技師の役割》

組織にはける放射線技師の責任の範囲や分野は、その放射線技師が任命されている
職位によってさまざまである。職位が上がるにつれて放射線技師の役割における
組織的要素が増大すると考えられる。

À メニュー
トップへ戻るボタン