cropped-21ae9228cd54ec1fc4d6933c3e7c823e.png

第3回 腹部領域部会WEBセミナー

今回のテーマは前回に引き続き“黄疸”とし、続編として臨床編といたします。
 初学者から上級者まで多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 「主訴 黄疸」 そんなオーダが入った時、あなたならどう考え、どう対応する?
そのヒントがここにある!

■ 日  時:令和6年3月7日(木)19:00~20:30
■ テーマ:黄疸歩道は黄色信号~立ち止まって考えよう 臨床編~
■ 開催方式:ZOOM ウェビナー
■ 会  費:会員 無料(非会員 5,000 円)
■ 参加証明書:セミナー当日に当ページに設置されますリンクよりPDFファイルをダウンロードしてください。ダウンロードページを閲覧するにはパスワード(全て半角小文字)が必要となります。パスワードはセミナーの中で提示しますのでご確認ください。

第3回腹部領域部会セミナー 案内

申会員用  申込みはこちらから
非会員用  申込みはこちらから(締切 3月4日)


現在、Gmailのメールアドレスに登録された方への自動返信メールが届かないといった現象が多発しております。ご登録の際はGmail以外でのメールアドレスの登録をお願いしております。原因はGmailのセキュリティアップのためと考えられておりますが、現状解決の目処が立っておりません。何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

■プログラム
19:00 ~ 19:05 Opening remarks 札幌厚生病院 牧野 涼
 座長 斗南病院 高林 健
19:05 ~ 19:25  US
『臨床症例とエコーガイド下減黄処置の解説』 函館市医師会病院 加藤 洋
19:25 ~ 19:45  MRI
『黄疸と言えばMRCP〜臨床画像編〜』   名寄市立総合病院 連石 奈保子
19:45 ~ 20:05  手術関連 
『黄疸に対する治療支援画像提供のポイント』 手稲渓仁会病院 阿部 開斗
20:05 ~ 20:25 Discussion

20:25 ~ 20:30 Closing remarks  オホーツク海病院 上野 誠 

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン